50冊以上から選んだ時間管理おススメ本20冊【必読3冊+良書13冊+おまけ4冊】

ビジネススキル
悩んでいる人
時間管理ができるようになるためのおススメ本を知りたい。

今回は、そんなあなたのために、50冊以上の時間管理本の中から、これだけは読んでほしい3冊と、余裕があったらおススメしたい13冊を紹介します。 

また、時間管理能力をさらに向上させるための本も、併せて紹介させていただきます。 

◆本記事の内容◆ 

・50冊から厳選した【必読の3冊】
・50冊から厳選した【良書の13冊】
・時間管理とは切っても切れない【タスク管理のおススメ4冊】

この記事を書いている私ですが、年間のべ300冊の本を読む読書家サラリーマンです。 

実際にこれらの本を読んで、この記事を書いている2020年の残業時間は、昨年の1/3以下を達成する見込みです。 

時間を自分の思いどおりにコントロールできるようになったことで、育児と仕事と副業2つ(ブログとランサーズ)を、こうして両立させています。

それではさっそく本の紹介に移りますが、あなたが本当に時間管理ができるようになりたいと思うのであれば、最低でも【必読の3冊】は読むことをすすめます。 
  

Contents

時間管理のおススメ本【50冊から厳選した必読の3冊】 

50冊以上の時間管理本から、「これだけは」と思った本を3つに絞りました。

時間管理おススメ本①週40時間の自由をつくる超時間術 

時間管理の本ならまずはコレ!のような1冊です。 

特に、いつも時間がない!時間がない!と思ってしまう方にすすめたい本です。 

この本によると、時間がないと思うのは、以下の負のスパイラルに陥ってしまっているから。 

①時間がないという焦り
 ⇓
②不安とストレス
 ⇓
③生産性の低下
 ⇓
④物理的な時間の減少

この本を読むことで、そんな負の連鎖を断ち切って、どんなに忙しい時でも、冷静かつ効率的に仕事ができるようになります。 
  

時間管理おススメ本②脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術 

人の4倍仕事をして2倍遊ぶ 

そんなことを本当に実践している著者の時間術が凝縮された1冊です。 

  • 集中力には【集中の深さ】と【持続時間】があり、【15・45・90分単位】で時間を使うことで高い集中力を維持できる。 
  • 起床後2~3時間は脳をフルに使えるゴールデンタイム 
      

など、1日を通してベストなパフォーマンスを発揮できる方法を教えてくれます。 

家に帰ると疲れて何もする気になれなかった私が、こうしてブログを書けているのも、この本のメソッドによるものが大きいです。 

時間管理おススメ本③1440分の使い方―成功者たちの時間管理15の秘訣 

起業家、億万長者、オリンピック選手、優秀な大学生、それぞれからインタビューを行い、共通する時間の使い方を紹介してくれる本です。 

  • 1日は1440分しかない。 
  • 時間は万人に与えられたたった一つの平等な財産。 
  • ToDoリストはやめてノートを活用する 
  • 最も重要なタスク=MITに集中する 
      

ToDoリストをやめるなど、他の本では見かけないメソッドがあり、成功者がどのような時間を使い方をしているのか学べる貴重な1冊です。 

無料の購入特典もあるので、購入して損はないおススメの1冊です。

時間管理のおススメ本【50冊から選んだ良書13冊】 

この章で紹介する本も、上記3冊に勝るとも劣らない良書です。

余裕があればぜひ読んでいただきたい本を、何とか13冊まで絞りました。

時間管理おススメ本④エッセンシャル思考 

あのメンタリストDaiGo氏がおすすめしている本です。 

この本を読むことで、 

ムダなことの見極め方が学べます。

何でもかんでもやろうと思っては、いくら時間があっても足りません。 

とにかく沢山のタスクに振り回されている人におすすめです。 
  

時間管理おススメ本⑤SPRINT 最速仕事術 

短距離走=スプリントと名付けられた、とにかく合理的かつ最速で仕事を終わらせるための方法を学べる本です。 

Facebookや、大手コンサルティング会社のマッキンゼーでもこのスプリントが用いられているとのこと。 

そんなことを聞くと、少し身構えてしまいますが、紙やホワイトボードも使うなど、アナログな方法をつかって丁寧に解説されています。 

誰でも安心して実践することができ、最速で仕事を終わらせたい!と思う方におすすめの1冊です。 
  

時間管理おススメ本⑥時間革命―1秒もムダに生きるな 

私たちは、自分でも思っている以上に時間をムダに使ってしまっています。 

この本は、ホリエモンが時間をいかに大切にしているかという考えを通し、自分だけの時間を生きる方法を学ぶことができます。 
 

  • 時間はお金では買えない、タイムイズライフである。 
  • 他人の時間を生きるな。 
  • 会議中でもスマホをいじれ。 

などなど。 

時間をコントロールするんだ!と強く思っている方におすすめです。 

時間管理おススメ本⑦なまけもの時間術 管理社会を生き抜く無敵のセオリー23 

ホリエモンに続き、今度はひろゆきさんの本です。 

できるだけラクに、楽しく生きていく

そんなシンプルな考えに基づき、社会の常識にとらわれない自由なひろゆきさんの時間術を学ぶことができます。 
 

  • 今の働き方に疑問を感じている人 
  • 自分だけの自由な時間を作りたい人 

そんな方におすすめです。 

時間管理おススメ本⑧レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則 

レバリッジとは投資でも使われる言葉ですが【てこの原理】を意味します。 

例えば、1時間かかる仕事を40分でできるようになれば、浮いた20分を勉強などに投資することができます。 

これを続けてスキルアップをすれば、もっと早く仕事が終わったり、もっと大きな仕事をこなせるようになるということです。 

そうして浮いた時間を更にスキルアップなどに投資し、どんどん自分の時間を増やしていくのがレバリッジ時間術です。 

スケジュール・時間割・タスクリストの3つの観点から、投資時間の作り方を解説してくれます。 

時間管理おススメ本⑨なぜ、あなたの仕事は終わらないのか? 

元マイクロソフト社の中島聡氏の著書です。 

時間管理にとって大切なことを教えてくれる1冊で、以下は今も私が心に刻んでいるフレーズです。    

・すべての仕事は必ずやり直しになる。
・ 自分の仕事は「規則」を守ることではない。

長期計画を立てるのが苦手、先延ばしクセがあっていつも仕事は期限ぎりぎり、そんな人におススメです。 

時間管理おススメ本⑩時間術大全―人生が本当に変わる「87の時間ワザ」  

先ほど紹介した【SPRINT 最速仕事術」と同じ著者の本。 

私たちの身の周りには、時間を奪うモノにあふれています。 例えば

テレビ・SNS・YouTube・飲酒などなど

これらのリスクから自分の時間を取り戻すための87のテクニックが掲載されています。 

基本的なことだけど意外にできていない、ハッとさせることが多い本です。 

時間管理おススメ本⑪1時間で10倍の成果を生み出す最強最速スキル 時給思考 

あなたは自分の時給をサッと言えることができますか? 

時間を時給に換算することで、時間をムダにすることがなくなります。

例えば、ダラダラと過ごしているときに「今なにも行動しなかったら1,000円失うんだな・・・。」と思うと、自然と体が動くんです。 

飲酒やSNS、YouTubeなど、時間をムダにする習慣をやめて、自分の時給を上げる行動を習慣にしたい人にオススメの本です。 

時間管理おススメ本⑫あなたの1日は27時間になる。―「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法 

残業ゼロで年収倍増! 

という謳い文句の1冊です。 

朝の時間の使い方、「どうせ残業すればいいや。」という残業ありきのマインドの改善など、具体的で今すぐに実践できる内容が豊富です。 

勉強・資格・読書・休息、自分の時間を増やしたい、と思っている方におすすめの1冊です。 
  

時間管理おススメ本⑬あなたの1日を3時間増やす「超整理術」 

起きてから寝るまでの時間を記録してみると、意外に空白の時間って多いんです。 

それに、けっこうムダなことに使っている時間も多いことに気が付きました。 

この本のとおりに時間やタスクを整理することで、

本当に1日に3時間が増えたような感覚になります。

時間管理に特化した本の紹介はコレで最後になりますが、締めにふさわしい1冊です。 

まずは、紙やアプリ等で1日の行動記録を取ってみて、ムダが多いことが分かれば、必ずこの本を読んで、時間とタスクの整理をしましょう。 
  

時間管理とは切っても切れない【タスク管理のおススメ本4冊】 

数多くの時間管理、タスク管理の本を読みましたが、共通していることって結構多いんです。

時間管理の一要素として【タスク管理】が含まれているイメージですかね。

というわけで、タスク管理の方法を知りたいならコレ!という必読本を4冊にまとめました。

時間管理の関連本①全面改訂版 はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 

ほとんどの本で共通しているタスク管理の方法は、基本的には次のとおりです。  

タスクの棚卸し(洗い出し)
 ⇓
やるべきこと・やらないこと・人に任せることに振り分け
 ⇓
やるべきことに期限を割り振る

この本はそのモデルと言われる、基本にしてゴールのような本です。  

必ず読むべきことをすすめる1冊ですね。  
  

時間管理の関連本②マンガでわかる! 幼稚園児でもできた!! タスク管理超入門 

最初に紹介したGTDを分かりやすくマンガにしたのがこの本です。 

タイトルにもあるとおり幼稚園児でも理解できるよう、分かりやすく解説されています。  

GTDは厚みのある本なので、まずはこの本から入門!的な本です。  

ちなみに2014年Amazonkindle本ランキング【ビジネス・経済部門】第3位の人気本です。  
  

時間管理の関連本③仕事が速くなる! PDCA手帳術 

GTDでタスクを整理して、実際に手帳でスケジュール管理する方法を解説している本です。  

私はこの本を読んで実践したところ、仕事が思うように進むようになったというか、仕事のコントール感が増したと実感しています。  

実際に手帳で管理する方法も、ウィークリータイプやノートタイプなど、手帳の種類別に解説されていて、自分に合う手帳術を学ぶことができます。
  

時間管理の関連本④1時間の仕事を15分で終わらせる 

コンサルタントが業務改善によく使う【4C】というフレームワークを使って、やるべきタスクだけを抽出して、仕事の効率化を図れるようになる本です。  

私がこの本を読んで、一番大きく変化したことは次のこと。  

仕事に追われる焦りやストレスがなくなる

魅力的ではないですか?  

Cut(やめる)、Convert(移す)、Combine(集める)、Create(作る)、頭文字をとって4C。 

これをやるだけでガラッと変わります。  

さいごに【時間管理本を読んで自由な人生への切符を手に入れましょう】

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回は、合計20冊の本を紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

数多くの時間管理本で共通していることは、【時間をコントロールすることで人生もコントロールできる】ということです。

ぜひ、あなたも、本記事で紹介した本を読んで、時間管理能力の向上にお努めください。