ウェブカツは怪しい?【実際の受講生や卒業生の声をリサーチしました】

コラム
ウェブカツって怪しいの?よく顧問のかずきちさんがSNSで話題になっているらしいけど・・・。実際の受講生や卒業生の評判はどうなの?
こんなことで悩んでいませんか?

【プログラミングができる】ではなく【プログラミングで稼げる】、そんな実践的なゴールを目的にしているオンラインプログラミングスクールのウェブカツ。

しかし、過去には著作権の関係で炎上したことや、顧問であるかずきち氏のSNS上でのストとレートな発言などから、「本当に大丈夫?怪しくない?」と不安な気持ちになってしまう方もいると思います。

と言うわけで今回は、ウェブカツの評判などについてよく知らない方に向けて、

・ウェブカツが怪しいと言われる理由と実態
・アフィリエイト目的の記事にこそ要注意!
・ウェブカツのスクール内容や口コミはどうなの?
の3本立てで解説をしていきます。

プログラミングスクールは安い買い物ではありません。

しっかりと自分の目で噂の真実を確かめ、自分に合ったスクールを選ぶようにしましょう。

ウェブカツの受講を検討している方など、気になる方はぜひ最後までご覧ください。

ウェブカツが怪しいと言われる理由と実態

過去に著作権騒動あり【実は謝罪済み】

ウェブカツが怪しいと言われる理由の一つに、画像の無断利用で話題になったことが挙げられます。

このウェブカツの著作権騒動は2019年10月18日、Twitter上で起こりました。

ウェブカツの顧問を務めるかずきち氏の下記ツイートに掲載されている記事中の画像に対し、「自分が作った画像が無断利用されている。」との指摘があり無断利用が発覚。

その時の実際のツイート

指摘を受け記事をすぐに削除したかずきち氏ですが、画像の所有者への「そしたら削除しときますね~。」という軽めな返信をきっかけに、炎上は拡大していったのです。

この騒動を受け、かずきち氏は4日後の10月22日にウェブカツの公式ブログにて謝罪記事をアップしました。下記はその謝罪記事の一部抜粋です。

私自身、過去に下記のようなQiita記事を公開した頃より、いわゆる「アンチ」の方々からかなりの心無い誹謗中傷を受けてきており、またそういった方々からの論理的でない批判及び炎上に過敏となっていたため、今回ご指摘をいただいた方に対してもTwitterというライトな場だった事や過去幾度の論理的でないアンチの方々からの批判及び炎上対応と同様に今回、事実確認を怠った上で悪い態度を取り、「どちらにしても炎上をするのだから燃えるところまで行ってみよう」といった考えから火に油を注ぐ煽った発言の数々をしてしまい、炎上をさらに拡大させてしまった事で関係者の皆様や生徒の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを心よりお詫びさせていただきます。
この度のウェブカツでの著作権盗用での炎上についての経緯と事実確認及び謝罪について

すぐに謝罪記事をアップしたかずきち氏ですが、ネット上でこの件に触れている人はほとんどいません。

実際、「ウェブカツ 炎上」と検索してみるとよくお分かりになると思います。

ほとんどの記事がかずきち氏個人に対する人格批判など、感情的な内容になっているでしょう。

また、「謝罪すれば何をしてもいい。」という訳ではありませんが、そもそもの話、公の場で謝罪があった以上あとは当事者どうしの問題で、外野が口を出すことではないと思いませんか?

謝罪がされたのであれば、ここから先は【際限】がなくなってしまうからです。

もしも「謝罪だけで済ませるな!」という批判に対して、会見を開いたり、直接訪問をして詫びたり、損害賠償をしたりなど、誠心誠意の対応をしたところで、結局文句をいう人はいつまでも言い続けますよね。

正義は我にあり!という謎の正義感を振りまくのです。

ビジネスの世界は常にグレー。正しい事だけをしている真っ白な会社なんて存在しません。

であれば、ある意味淡々と問題対応をしていくことも、企業のあるべき姿の一つと言えるでしょう。

見当違いの批判がマイナスイメージを助長

上記の著作権騒動が起きた時、見当違いの批判がSNS上でいくつも投稿されたことも、ウェブカツのマイナスイメージを更に助長した要因の1つでしょう。

実際のツイートを載せるのは投稿者がかわいそうなのでヤメておきますが、要略すると以下のような投稿です。

  1. ウェブカツはオフィスが小さいから信頼がない
  2. ウェブカツは従業員がいなくて1人でやっているヤバい会社

・・・。

昨今、リモートワークの発展により、オフィスなしで全員が自宅・レンタルオフィス・カフェでなど働く会社もあるなど、小規模なオフィスまたは完全リモートは特段めずらしい話ではありません。

実際、2019年から2020年にかけてのテレワークの市場規模は約1.2倍になる推計とのこと。((株)矢野経済研究所)

ますますの成長を見せる新しい働き方に対し、【オフィスの大きさ=信頼】という発言はまったのく見当違いでしょう。

また、「従業員がいない。」という批判についても、正直、苦笑いですよね。

最近はフリーランスとして働く人が増えてきて、企業に縛られない自由な働き方ができる時代です。

大手クラウドソーシングサイトのランサーズが発表した情報によると、国内における2019年のフリーランス市場は20兆円を突破するとのこと。((㈱)ランサーズ)

わざわざ企業が固定の職員を雇用しなければいけない時代ではなくなってきているにも関わらず、【従業員がいない=ヤバい会社】との投稿をするtwitterのAさん。

この方は昭和からタイムスリップしてきたのかな?そんな疑問が浮かんできてしまいますね。

固定費を下げることのメリット

上記で、ウェブカツはとことん固定費を下げていることを解説しましたが、これには大きなメリットがあります。

それは、人件費や使用料(オフィス等)を下げることで、その分スクールの受講料を安く設定できるということです。

実際、ウェブカツは通常のコースで月々2万円から受講可能で、他のスクールが50万円~70万円が相場の中、誰が見ても驚く金額だと思います。

仮に1年間学んだとしてもウェブカツは24万円、他のスクールの半額以下。
また、テ〇クアカデミーなどの大手スクールでは広告にもお金をかけていて、テレビやYouTubeなど、さまざまなメディアで広告を見かけますよね。

これらの費用はどこから出るのか?それはもちろんスクールの受講料からです。

  • 人を集めることに力を注ぐのか?
  • 人を育てることに力を注ぐのか?

できる限り経費を削って、その分スクールの質を重視して安くユーザーにサービスを提供するウェブカツのほうが、好感を持てると言う方も多いのではないでしょうか。

少なくとも私は、ウェブカツの方がカスタマーファーストだと感じました。

アフィリエイト目的の記事にこそ要注意!

ウェブカツの炎上騒動は、アフィリエイトと呼ばれるネットビジネスに利用されていたりするので注意が必要です。

実際、「ウェブカツ 炎上」で検索をした上位10記事を見ても一文字も謝罪したとは書かれていません。

かずきち氏個人に対する人格批判だったり、ウェブカツの炎上に焦点を当てている内容がほとんどです。

なぜ、炎上記事だけが目立つのか?アフィリエイトというビジネスに触れつつ解説します。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトは日本語で【成功報酬型広告】といいます。

アフィリエイトする人のことをアフィリエイターと言い、報酬が発生する全体の仕組みをフローにすると以下のとおりです。

  1. 広告主とASP(アフィリエイト運営会社)が提携し、広告経費を支払う
  2. アフィリエイターとaspが提携し、登録された広告を自分のブログサイトで紹介
  3. ブログ記事を見たユーザーが、そのブログから商品を購入、または広告をクリック
  4. ASPからアフィリエイターに報酬が支払われる

ウェブカツの炎上まとめ記事はアフィリエイトの可能性あり

ウェブカツ炎上に便乗した批判系の記事の多くは、アフィリエイト、つまり報酬が目的だったりします。

その主な手口は、ウェブカツの炎上騒動について調べた人を、自身のアフィリエイトサイトに誘導するというもの。

具体的に言うと、【ウェブカツ 炎上】で検索する人は「ウェブカツの炎上騒動について知りたい!」と思っている人ですよね?

検索者の中には、単純に興味がある人だけでなく、ウェブカツの受講を検討している人も含まれることでしょう。

しかし、実際に出てくる記事は、炎上をあおるような都合のいい部分だけを切り取った批判系の記事ばかり。
このような記事を見て、「やっぱりやめよう・・・。」と思う方もいるかもしれません。

こうして、アフィリエイターは「ウェブカツを受講する」という選択肢を意図的に消そうとしているのです。

そして、「じゃあどのスクールを受ければいいの?」という読者を

アフィリエイター
こっちのスクールがおすすめだよ!

と、自身のアフィリエイトサイトに誘導するのが、ウェブカツ炎上騒動に便乗した手口の一つになります。

悪質なアフィリエイトサイトに注意しましょう

特に、プログラミングスクールは高額なアフィリエイト報酬が設定されており、まさに【宝の山】です。

中には、無料の説明会やカウンセリング、体験講座に参加するだけで、数万円の報酬が発生する案件も・・・。

そのお金はもちろん、スクールに通う受講生の学費から出ていくのです。

実際の受講者からの評判がよくないスクールでも、あの手この手で自分の記事から申し込みをさせようとする人も中にはいるでしょう。

そういった記事に騙されないためにも、その記事がアフィリエイトかどうかきちんと見極めることが大切です。

アフィリエイトサイトの見抜き方

アフィリエイトかどうかは、リンク先のURLを確認し、特定の文字が入っているかどうかで、カンタンに見極めることができます。

①URLを調べる方法

パソコンを使っている方は、ホバーと言ってリンクの上にポインター(矢印)を乗せると、画面の下にURLが表示されます。

表示されない場合でも、リンクを右クリックすると「リンクアドレスをコピー」等の項目があるので、そちらで確認ができます。

スマホをお使いの方は、リンクを長押しするとURLが表示されたり、リンクのコピーが可能な場合が多いですね。

②アフィリエイトか調べる方法

URLを確認して、【idという2文字】、【afbなどのASP名】、【半角の?】のいずれかが入っている場合は、99%アフィリエイトサイトです。

アフィリエイト会社の名称が入っていたら当然クロ。主なASPは【a8net】、【afb】です。

また【id】や【?】は、そのURLがどのアフィリエイターのモノなのかを区別するためにあるので、この2つのどれかが入っていても、限りなくクロに近いです。

スクール別アフィリエイト報酬比較

下記表は、2020年11月時点のA8net、afb、バリューコマース、もしもアフィリエイトの4つのASPに登録されているオンラインプログラミングスクール別のアフィリエイト報酬の比較です。

(報酬が高い=悪質と言うことではないのでご留意ください。)

しかし、アフィリエイターの中にはウェブカツの炎上に便乗したり、お金儲けのためなら手段を選ばない人もいることもまた事実。

アフィリエイトに関する正しい知識をもって、自分自身で判断する力を養いましょう。

スクール名等 アフィリエイト成約条件 報酬額
テックキャンプ (プログラミング)カウンセリング
(エンジニア)カウンセリング
体験会参加
10,000円
18,000円
8,000円
テックアカデミー 受講登録 10,000円
DMM WEBCAMP カウンセリング
受講登録
10,000円
30,000円
侍エンジニア塾 無料体験講座 10,000円
skillhacks 受講登録 10,000円
コードキャンプ 無料体験講座 7,000円
テックパートナーズカレッジ 無料体験講座
受講登録
5,000円
20,000円
フリークス 受講登録 5,000円
テックブースト 無料説明会 12,000円

ウェブカツのスクール内容や口コミはどうなの?

ウェブカツが怪しいと言われる理由やアフィリエイトの実態について説明をしてきましたが、実際のところウェブカツのスクール内容はどうなのか?

学習内容や受講生などのリアルな声をまとめました。

受講生の声

実際に筆者がTwitterを調べた限りでは、スクールの内容について批判している人は1人もいませんでした。

批判している方とは正反対なことを言っていることが印象的でしたね。

受講生の多くの意見が、スクールの質は非常に良く、炎上と学習は別問題であるという認識のようです。

卒業生の声

また、卒業生の中には実際に年収1000万円を達成した方もいると、ウェブカツの公式ブログで紹介されています。

ウェブカツは挫折や退部しやすいのか?1000万プレーヤーを達成した卒業生に聞いた炎上ウェブカツのレビュー

炎上を煽る外野のアンチと、実際の受講生や卒業生との認識にだいぶギャップがあることが分かりますね。

学習内容や料金体系などの概要

詳しくは公式ホームページをご覧になった方が早いのでざっくりと解説します。

ウェブカツの料金体制

ウェブカツは他の一般的なプログラミングスクールとは違い、サブスク、つまり月額制を採用しています。

実際に受講の契約を交わした後でも、肌に合わなかったり、続けられない事情があれば途中で解約できると言うことですね。

この手軽さ、受講のハードルの低さもウェブカツの魅力の1つでしょう。

また、ウェブカツの通常コースは月20,000円から受講可能で、一般的なスクールでも50万円だったら安い部類なので、比較するとそのコスパの良さが分かります。

ウェブカツの学習体制

ウェブカツで行われる学習は【部活】と呼ばれ、【HTML・CSS部 初級~上級】をはじめ計23の部活が用意されています。

部活内容はプログラミングスキルだけでなく、稼ぐために必要な営業力に関する部活もあるなど、エンジニアに必要な要素を網羅的に学べることができます。

他のスクールと比べてもずいぶんと良心的な価格かつ、多くの技術を学べることが分かりましたね。

まとめ

いかがでしたか?

ウェブカツの実態は自分でも思っていた以上に良かった!
と少しでも考えが変わったのでしたら嬉しいです。

正しい情報も間違っている情報も乱立しているインターネット。

この情報の海から正しい情報を選ぶには、1つの情報だけを信じるのではなく、さまざまな角度から物事を捉えることが重要でしょう。

この記事が、あなたのプログラミングスクール選びの参考になれば嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。