先延ばし撃退のおススメ本10冊【読書すら後回しにしてしまう方は必見】

先延ばし対策
悩んでいる人
先延ばし癖が治らないで悩んでいる・・・。改善のためのおススメ本を知りたい!

今回はそんな悩みに答えます。 

本記事では、年間読書量のべ300冊以上の私が、実際に読んだ本の中から、あなたにオススメしたい先延ばし対策本を10冊にまとめました。 

また、その10冊の中でも次のとおり分類して紹介します。

✓本記事の内容
・これだけは必ず読んでほしい【必読】の1冊
・余裕があったら読んでほしい【良質】の4冊
・【すぐやる人】になるための【関連】の4冊
・随時更新!【最新】のオススメ本

人って、選択肢がありすぎると逆に決めることができないそうです。 

例えばある実験では、24種類のジャムを並べた時と、6種類のジャムを並べた時を比較すると、後者の方がよく売れたという結果になりました。 

先延ばし癖に悩んでいるあなたも「先延ばしを治すための本を買いたいけど、何を買ったらいいのか分からない」

と思い、行動を後回しにしているかもしれませんので、本記事ではあなたに心からおススメする本だけを紹介します。
  

先延ばしのおススメ本①【必読】ヒトはなぜ先延ばしをするのか 

先延ばしの本を最初に買うなら何か?と聞かれれば真っ先にこの本だと答えるほど、これだけは読んでほしい、また読むべきだと確信できる1冊です。 

先延ばし研究の第1人者である著書、ピアーズ・スティール氏をはじめとした、多くの研究者が続けてきた40年もの先延ばし研究の結果から、あなたの先延ばし度の診断や先延ばしの原因、改善方法を解説しています。 

この本を4行で解説するとこんな感じ。 

  • 先延ばし=完璧主義ではない。ほぼ全人類が先延ばし経験あり 
  • 先延ばしの本当の原因は【衝動に負けやすい】ということ 
  • 先延ばしは3つのタイプに分けられる【期待・価値・時間】 
  • タイプ別に脳のメカニズムを理解すれば、先延ばしは克服できる 
      

小難しい話は少なく、小説のようなストーリー仕立てなので分かりやすいし、何より普通の読み物としても面白いので、まずはこの1冊を読んでいただきたいです。 

先延ばしのおススメ本②【良書】先延ばしする人は早死にする 

あのメンタリストDaiGoさんが、先ほど紹介した「ヒトはなぜ先延ばしをするのか」を随所で取り上げつつ、先延ばしの原因や克服方法について、カンタンにまとめてくれた本になります。 

この本の冒頭で書かれていることは、

先延ばしは、決してあなたの意志が他の人より弱かったり、昔からの性格が原因ではないということ

脳にはもともと、以下の3つの特徴があり、人間は本来「先延ばし」をしやすい生き物と言うことです。

  • 脳は楽をしたがる怠け者 
  • 脳は変化を嫌がる現状維持派 
  • 脳は悪いほうに考える心配性 
      

こちらの本の方がアッサリと読めるので、まずはこの本を手に取ってみるのもアリですね。 

先延ばしのおススメ本③【良書】先延ばし克服完全メソッド 

上記で紹介した本は「脳科学」に基づいた本でしたが、この本は【モチベーションの向上や維持】の研究に基づいて、別の切り口で先延ばしの克服を目指す本です。

最近の研究では以下のことが分かっているとのこと。

無意味な活動は強い不快感を引き起こし、先延ばしを助長してしまう。

なのでこの本では「無意味な活動に【褒美(アメ)】を用意して、モチベーションを維持しましょう。 」

と言うように、外からモチベーションを上げる方法とともに、あなたの内からも上げる方法を解説しています。 

仕事がつまらない、苦痛と感じている人ほどおススメしたい1冊です。 

先延ばしのおススメ本④【良書】先延ばしは1冊のノートでなくなる 

この本は、自分に自信がなく「自分は何をやってもダメでずっと先延ばしし続けるんだ…。」と悩んでいる方におススメです。 

この本の内容を大きく2つに分けると、 

  1. ぶっとんだ目標を立てる
  2. 10秒でできることをノートに書いて実行する 
      

例えば、運動やダイエットを先延ばしにしていたら、10秒だけいいので、何かやってみる。

そうすると「自分って意外にデキるじゃん。」と自己肯定力が上がり、10秒たった後でも引き続き行動できるようになります。 

「この動画だけ…。と思って気が付くと1時間もYouTubeを見ていた。」と言う先延ばしあるあるの逆バージョンのようなものですね。 

先延ばしのおススメ本⑤【良書】めんどくさいがなくなる本 

自分の中から「めんどくさい」と言う感情がなくなった時を想像してみてください。 

人生が良い方向に変わりそうな気がしますよね。 

この本は、行動心理コンサルタントの著者が「めんどくさがりの原因と改善方法」を分かりやすく改善してくれています。 

以前、わたしがまとめ記事を書いているので、この記事を読むだけでもOKです!

 

めんどくさがりの改善方法を2ステップで解説【やる気や意志力は関係ありません】

先延ばしのおススメ本⑥【関連】「すぐやる人」と「やれない人」の習慣 

自分のやる気や意志の力に頼らずに、「自分が動いてしまう仕組み」を作って、「怠け心」や「優柔不断」を退治するための方法を解説している本です。 

「すぐやる人」の50の行動習慣を「やれない人」と比べながら紹介していて、正直、”元”先延ばし人間の私が見ると心にグサッと来るものがありました・・・。 

しかし、すぐやる人と、そうでない自分を対比させることで、今の自分に足りないものがより明確になったのです。

「自分はなんてダメなやつなんだ・・・。」と、自己嫌悪してしまう人ほどみてほしい1冊ですね。 

先延ばしのおススメ本⑦【関連】結局、「すぐやる人」が全てを手に入れる 

「行動には【慣性の法則】が働いている。」と言うこの本の言葉を、今でも胸に大切にしまっています。 

勉強、仕事、運動、ダイエットなど、行動に移すときは勇気が必要だったり、先延ばしを助長する何かしらの抵抗や誘惑があったりします。 

しかし、いざやり始めると気が付いたら1時間たっていたなんとこと、よくありますよね。 

この本は、そんな感覚を言葉で整理して、わかりやすく解説してくれます。

先延ばしのおススメ本⑧【関連】すぐやる人の読書術 

Amazonでもめちゃくちゃ好評の本です。 

読書には「行動を加速させる装置」があります。

【動く】【シェアする】【集める】の3つのポイントから、あなたがすぐやる人になるための読書術を紹介してくれるおススメ本です。 

先延ばしのおススメ本⑨【関連】すぐやる脳の作り方 

よくテレビでも拝見する脳科学者の茂木健一郎氏の本です。この本の最後に、アインシュタインの以下の言葉が用いられています。 

何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。

【すぐやる】には勇気が必要かもしれません。世間の常識から外れてしまい、すぐに動けないこともあるかもしれません。 

しかし、人は行動に移すことで自分を成長させ、自分の世界を広げることができるようになります。 

この本は、あなたの脳が「すぐやる脳」になるためのリミッターを外し、まだ見たことない自分を発見させる手助けをしてくれる、本当におすすめの1冊です。 

先延ばしのオススメ本⑩【最新本】

メンタリストDaiGoさんがオススメしているコチラの本。

やる気を上げる方法は一つだけではありません。

人それぞれに性格があるように、やる気の上げ方も一つではないのです。

この本は、自分がどんなタイプなのか、そのタイプの人間はどうすればやる気を上げることができるのか。タイプ別に詳しく解説してくれます。

ページ数も少なく30分くらいで読むことができるので、手っ取り早くやる気を上げたい人におすすめの一冊ですね。

やる気が上がる8つのスイッチ コロンビア大学のモチベーションの科学 (コロンビア大学モチベーション心理学シリーズ)posted with ヨメレバ ディスカヴァー・トゥエンティワン 2018年05月 AmazonKindle

さいごに【先延ばしを克服すれば人生が捗ります】

最初に紹介した「ヒトはなぜ先延ばしをするのか」では、【先延ばし】という言葉を以下のとおり定義しています。

自分の首を自分で絞めると承知の上で、自分の意志でモノゴトを延期すること

誰でも少なからず経験があることだと思います。

こんな風な生き方をしていると、毎日が不安とストレスでいっぱいになってしまいますよね。

私も仕事の忙しさにかまけて、仕事だけでなくプライベートでも先延ばしが慢性していました。

いつかヤバい結果になることは分かっていて、胃がキリキリと痛む日々・・・。

しかし、今回紹介している本でも共通していますが、先延ばし癖は【意志の弱さ】や【元来の性格】が原因ではありません。

きちんと先延ばしのメカニズムを理解することで、撃退することが可能です。

この記事が、あなたの先延ばし癖の改善に少しでも役に立てばうれしいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。