20代ビジネスマン向け【仕事・キャリアの見直し&改善方法】

ビジネススキル
悩んでいる人
「今の仕事や今後のキャリアについて悩んでいる。」
「このままでいいのか?何となく不安。」
「何となく過ごす毎日。停滞感が続いている。」

今回は、20代ビジネスマン向け「仕事や今後のキャリアについて悩んでいる。」そんなあなたを応援します。 

本記事では、イギリスのサラ・ハーベイ氏の著書「1%の生活習慣を変えるだけで人生が輝き出す カイゼン・メソッド」を年間読書量300冊、26歳サラリーマンの私が分かりやすく解説していきます。 

 
本記事を読むと次のようになります。 

  • 今の自分と理想の自分のギャップに向き合える 
  • 仕事・キャリアのためにやるべきことが明確になる 
  • 毎日の生活の不安や悩みがなくなる 

 
実際に私はこの本を読むことで、 

続けることを習慣

にすることができました。 

カイゼンとはできる限り小さな変化を続けることです。 

最終的なゴールは持たず、小さな目標を達成したら次の小さな目標を見つける、その繰り返しがカイゼンです。

今の自分を見つめなおし、なりたい自分を見つけ、それに向けて小さな努力を続けることで、タイトルのとおり人生が輝かしいものになるんだと、私は思います。 
  

本記事では、仕事・キャリアのカイゼンを主に解説していきます。 

カイゼンは、

自分のたな卸し、つまりは自分を見つめなおして向き合うことから始めます。

カイゼンの準備を本書では9ステップで解説していますが、本記事では簡略化した4ステップで紹介し、そのあと、実際のカイゼンテクニックに移っていきます。 

ぜひ最後までご覧ください。 
  

カイゼンの始め方 

カイゼンをするということは、何か問題があって初めて成り立ちます。 

いきなりカイゼンをしようと思っても【何を?どうやって?】など分からないからです。 

本書では、改善の始め方として9つのステップで紹介していますが、ここでは簡略化バージョンの4ステップで解説していきます。

質問を交えていきますので、メモ用紙とペン、またはメモアプリ等の準備をしてから見ていただけると、より効果的です。 
  

ステップ1 自分のたな卸しをして現状を見つめなおす 

まずは現状の整理をするために、次の質問について考えてみましょう。

  • 今の仕事に満足していますか? 
  • 仕事・キャリアを変えたいと思っていますか? 
  • ビジネスライフは充実していますか? 
  • 同僚や上司との人間関係はどうですか? 

  

ステップ2 新たなチャレンジを見つける 

現状を整理することで、理想の姿と現状のギャップが見えてきます。 

そのギャップを埋めるための小さなチャレンジを、ブレーンストーミング(質にこだわらずとにかくたくさんの意見を出す)をやって考えてみましょう。 
  

ステップ3 目標に向かう最も小さな一歩を見つける 

新しいチャレンジを見つけることができたら、その達成に当たって、できる限り小さな行動は何か考えてみましょう。 

ムリなく続けることで、一歩ずつ完成に近づけていきましょう。 
  

ステップ4 記録を残す 

目標が決まり、小さな行動が決まったら、きちんと結果を記録に残しましょう。 

なぜなら、記録をすることによって行動を修正することができたり、記録による前進感はやる気・モチベーションにつながるからです。

実際わたしは、無印良品のハードカバーノートをここ3年愛用していますが、辛い時やモチベーションが下がった時も、過去の努力の結果が、再び私を起き上がらせてくれています。 
  

まとめ 

カイゼンを始めるには、まず自分の中で問題をハッキリさせる必要があります。 

問題を見つけるには自分を見つめなおしましょう。 

問題を見つけ、目標が決まったらきちんと記録にしましょう。 
  

仕事・キャリアのカイゼン 

ここでは、仕事環境の改善と、仕事の幸福度や満足度を高めるコツの中から、私も実践しているメソッドを紹介していきます。 

今の自分や仕事、キャリアの進め方についてどう思っているのか?

そうやって自分を棚卸して見つめなおすことで、新たな気づきを得ることができるかもしれません。 
  

仕事環境のカイゼン 

仕事環境への満足度が高いほど、そこで働くビジネスマンのやる気も高まり、生産性が向上します。 

小さなことから始めてみましょう。 
  

光量 

自分のデスクでは自然光が浴びられない、という場合は1日でも最低15分は自然光、つまり太陽の光を浴びるようにしましょう。

さまざまな研究によると、仕事中に全く自然光を浴びていないビジネスマンは以下の報告がされているからです。 

  • 睡眠時間が短くなり質も悪化する 
  • 運動への取り組み意欲が減退する 
  • クオリティ・オブ・ライフ(生活の質。人生の幸福度)が低下する 
      

作業姿勢 

  • 前のめりにならずキーボードで文字を打てますか? 
  • スクリーンの上辺が目線の高さとあっていますか? 
      

これらが満たされていないと肩こりの原因になるなど、快適な仕事環境とは言えません。 

私の場合は、会社から支給されるノートパソコンとは別にBluetoothキーボードを購入し、使わない書類フォルダを台にして目線の高さにパソコンを置いています。 

たったキーボード代3,000円で、肩こりとは無縁のビジネスライフを得ることができます。 
  

整理整頓 

1日の内のどこか時間を決めて、毎日少しずつでもいいので整理整頓する習慣を身につけましょう。 

当然ですが、必要なものを必要な時に瞬時に用意できればできるほど、あなたの時間が増えていくからです。 

いくつかの企業の調査を平均した結果、ビジネスマンが調べ物に費やす時間は 

年間平均約150時間

との結果になりました。1日当たりに換算すると約35分です。 

この時間を減らせば減らすほど、あなたが他のことに使える時間が増えていきます。 

整理整頓について詳しく知りたい人は、前に掲載したコチラの記事をどうぞ。 

仕事ができない人の特徴【コレを直すだけで1年が370日になります】

  

仕事のストレスをなくす 

仕事の環境を改善する方法を紹介しましたが、じゃあ仕事をしよう!となった時にイヤな気持ち、ストレスがあっては水の泡です。 

以下の質問に考えてみて、今の仕事を振り返ってみましょう。 

  • ワークライフバランスはとれている? 
  • 残業が多い?多い場合、それは残業が当たり前な社風だから? 
  • 同僚との関係は?上司との関係は? 
  • 会社の理念を知っている?それに共感できている? 
  • チャレンジしがいのある仕事をしている?やりがいはある? 
  • 仕事の帰り道の気持ちは?達成感?不満?不安?いらだち?悲しみ? 
      

また、1週間、仕事に関する日記をつけてみると、いろいろなことに気が付きます。 

自分がどういうときにイヤだと感じているのか。自分はどういうときにやりがいを感じているのか。 

そうして、自分の気持ちに整理がついたら、改善のための小さな行動を考えて実践してきましょう。 
  

キャリアの見直し 

今の仕事のポジティブな面、ネガティブな面を洗い出して見ましょう。 

今の仕事に何となく不満、不安があるけど何を買えればいいのかわからない。収入が減ってしまうのは困る。という人も多いかと思います。 

だから最初は、今よりも一歩引いて、現状のたな卸しから始めてみましょう。 

いきなり転職サイトに登録する必要はありません。 

以下の設問について考えてみて、小さなことから始めていきましょう。 
  

  • 今の仕事のどこが好きでどこが嫌いか? 
  • 自分の強みと弱みを考えよう。 
  • 現在の仕事環境は? 
    もっと外に出たいなど、あなたの理想の環境と今のギャップについて考えましょう。 
  • 今の部署には不満があるけど、他の部署に自分に合った仕事があると思いますか? 
  • 今の仕事で、これからも役に立ちそうな知識や経験は得られますか? 
  • 夢のために必要なスキルや資格を今の会社で身につけることはできますか? 
  • やりたい仕事に就いている人のSNSを見てみよう 
      

転職には長い時間と強い意志が必要です。

だからこそ、いきなりゴールを目指さずに、時間をかけて、転職までのステップを小分けにしていきましょう。 
  

まとめ 

職場の人たちをコントロールすることはできませんが、自分自身の舵を取ることはできます。 

デスクの整理整頓など小さな変化を絶え間なく続け、仕事の幸福度や満足度を高めましょう。 

自問自答をして、あなたの理想と今のギャップを見つめなおしましょう。 

そして転職をするときはステップを小分けにして、少しずつ前に進んでいきましょう。 
  

さいごに 

改善の始め方のまとめ 

カイゼンを始めるには、まず自分の中で問題をハッキリさせる必要があります。 

問題を見つけるには自分を見つめなおしましょう。 

問題を見つけ、目標が決まったらそのための行動を定め、きちんと記録にしましょう。 
 

仕事・キャリアのカイゼンのまとめ 

職場の人たちをコントロールすることはできませんが、自分自身の舵を取ることはできます。 

デスクの整理整頓など小さな変化を絶え間なく続け、仕事の幸福度や満足度を高めましょう。 

自問自答をして、あなたの理想と今のギャップを見つめなおしましょう。 

そして転職をするときはステップを小分けにして、少しずつ前に進んでいきましょう。 

いかがでしたでしょうか? 

本書を読んでたびたび出てきたワードは「自分の棚卸し」です。

自分の生活習慣を変えてカイゼンを計るためには、何よりもまず、自分自身と向き合うことが大切ということですね。 

とはいえ、私もそうでしたが日々いそがしく働くあなたは、自分を見つめなおす時間なんて取れないかもしれません。 

しかし、1回で見つめなおす必要なんてないんです。 
  

通勤電車の中、トイレにいるとき、お風呂に入っているとき、隙間の時間を見つけて、少しずつ、長い時間をかけて自問自答をしていけばOK。 
  

毎日少しずつ前に進む、それがカイゼンです。