未経験でもwebライターになれる3つの理由【月5万円の副業ライターが語る】

副業

不安定な社会情勢にある昨今、会社から出る給料だけでは今の生活や将来に不安を感じる時ってありますよね?

「あと5万円収入が増えればな・・・。」そんなことを思って副業にチャレンジしようと思う人も少なくないと思います。

その際、おすすめの副業で調べると必ず挙がるのがwebライターという仕事。

読んで字の如し「ウェブ上の文章を書く仕事」ですが、

悩んでいる人
未経験でもできるの?どうやって始めればいいの?必要なスキルとかってあるの?

とお悩みの方もいるのではないでしょうか?というわけで今回は、そんな方に向けて

未経験でもwebライターになれる3つの理由
webライターの始め方
webライターに向いている人とは?

についてわかりやすく解説していきます。

簡単に私の自己紹介をしますと、サラリーマンが本業の副業webライタ–です。

2020年10月にウェブライターとして活動を開始し、初月で8千円、2ヶ月目に4万8千円を稼ぐことができました。

今回は、これまでのノウハウを全てシェアさせていただきますので、ぜひ最後までご覧ください。

未経験でもwebライターになれる3つの理由

未経験でもwebライターになれる最大の理由、それは始める時に特別な知識や技術がいらないことです。

この理由を深堀りすると以下の3つに分類されるので、それぞれ詳しく解説していきますね。

  1. 文章には型があるから
  2. 良くも悪くも誰でもできるから
  3. そもそも高い文章力が求められていないから

文章には型があるから

相手に伝えたいことを分かりやすく書くために、文章にはいくつかの型があります。

もっともシンプルで基本的なものは、

①結 論 「〇〇は〇〇です。」
②理 由 「なぜなら〇〇だからです。」
③具体例 「実際に、、、。」
の順で書くというもの。また、型に慣れてきて下記の2つを付け加えれば、ほぼほぼ100点です。
④反論への理解 「とはいえ、〇〇と思う方もいますよね。しかし、、、」
⑤再結論 「なので、〇〇は〇〇です。」
他にもいくつかの型はありますが、大体の依頼はこの型に沿って作ることで、誰でも合格レベルの文章を書くことができます。

良くも悪くも誰でもできるから

webライターは、良い意味でも悪い意味でも誰でも始めることができる仕事です。

なぜなら、文章は私たちの日常に慣れ親しんだものだから。

学校の作文や論文、会社での文書、SNSなどなど、人は日常的に言葉に触れていますよね。

「SNS」と「お金をもらって人に見てもらう文章」を一緒にするのってどうなの?

と思う方もいると思いますが、人に分かりやすく伝えるための文章には【型】があるので、その型に沿って書き進めていけば、webライターはSNS等の延長線上にあると言っても過言ではありません。

最近は主婦の方やサラリーマンなどがお小遣い稼ぎのために始めているなど、始める時の敷居の低さが魅力の1つですね。

そもそも高い文章力が求められていないから

webライターというと、論理的かつ簡潔な言葉選びなど、高い文章力が求められると思っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

webライターに依頼される仕事の多くは、「まとめ記事」だからです。

簡単に言うと、例えば【株式投資の始め方】についての依頼があったとします。

この時にどういう流れで仕事を進めるのかと言うと、

  1. 実際にGoogleで「株式投資 始め方」で検索をして表示された上位10記事を見る。
  2. このワードで検索した人が何に悩んでいるのか、何を知りたがっているのかを確認する。
  3. その悩み(問い)を解決するための答えを、上位10記事を参考にしながら作成する。
ざっくりとですが、この3ステップで仕事を進めることになります。

この3ステップを見ると、あなたに求められているのは文章力と言うよりも、むしろリサーチ力ということがわかるかと思います。

このように、まとめ記事の依頼が多く、あなたに求められているのは高い文章力ではありません。

1章まとめ【未経験でもwebライターになれます】

文章には型がある、誰でもできる、そもそも高い文章力を求められていない。

という理由から、未経験でもwebライターになることができると説明しました。

私も、始める前は「こんな自分に、、、。」と不安でいっぱいでした。

完璧を求めて本を読み漁ったり、YouTubeでwebライターの動画を見たり・・・。

しかし、そんなことをいつまでやっていても不安は一生消えません。

なぜなら実際に行動していないからです。

なので、最初の一歩は勇気がいるかもしれませんが、何かしてみましょう。そうすると

 
なんだ。こんなものか。自分でも全然いけそうじゃん。

とびっくりすると思いますよ。

小さいけれど大きな一歩、まずはこの一歩を踏むことが大切ですね。

未経験者がwebライターを始める方法

全くの未経験者がwebライターを始める方法は、以前に掲載した下記の記事で詳しく解説しています。

webライターの始め方を3ステップで解説【2週間で5千円稼ぎました】

ちなみにまだ見る必要はありません。本記事の一番下にも載せておきますので、気になった人はそちらからご覧ください。

簡単に記事の内容を解説すると、webライターになるための方法を以下の3ステップに分けて解説しています。

  1. パソコンと銀行口座を用意する
  2. ※PCは中古の安い機体でOK。Office製品も不要。

  3. 必要最低限の知識を身につける
  4. ※本を2、3冊読むくらいで十分。

  5. クラウドソーシングサイトに登録する

※初心者は受注者(ライター)と依頼者の仲介サイトを利用すべし

webライターに向いている人とは

webライターに向いている人は、文章を書くことが好きな人でも、誰かに自分の言葉を伝えたい人でもありません。

物事を分かりやすくまとめることができる人です
さきほど「そもそも依頼の多くは検索上位10記事の「まとめ記事」だから高い文章力は求められていない。」と言いましたが、まさにそのとおりで、必要な能力はリサーチ力。

逆に、自分の個性を出そうとする人は、「そんな文章は求めていない。」と、依頼者からも敬遠されてしまうでしょう。

とはいえ、「自分にそんな資質が備わっているの?どうやって確認すればいいの?」とお悩みの方もいると思うので、そんな方にオススメしたいのがこちらの本。

誰の中にも眠っているダイヤの原石、それが【才能】です。

この本の購入特典である【ストレングス・ファインダー】という診断を受けると、人に共通する34の才能の内、あなたに強く表れているトップ5が見つかります。

それだけではなく、34の資質に加え5000種類の詳しいレポートが組み合わさった、まさに自分だけの才能がわかるんです。

5つの資質の中に、もし「着想」(複雑な出来事を自分の中でうまくまとめて説明する能力)の資質があなたに備わっているのであれば、今すぐにでもwebライターを始めて、その才能を磨くべきでしょう。

購入特典は1回しか使えないため、必ず新品を購入しましょうね。

一応、下記にAmazonリンクを貼っておきます。

まとめ

いかがでしたか?今回は、

■未経験でもwebライターになれる理由
①文章には型があるから
②良くも悪くも誰でもできるから
③そもそも高い文章力が求められていないから
■webライターの始め方
①パソコンと銀行口座を用意する
②必要最低限の知識を身につける
③クラウドソーシングサイトに登録する
■webライターに向いている人
物事を分かりやすくまとめることができる人
について解説しました。

もし月5万円の副収入ができたらあなたは何をしますか?

年間だと60万円、けっこう大きいですよね。少なからずあなたの現状に良い変化を与えてくれることでしょう。

お金の余裕ができると心の余裕にもなるので、この記事を読んで少しでもwebライターに興味を持っていただけたなら、ぜひ下記の記事を併せてご覧ください。

この記事が、あなたのお役に立てれば嬉しいです。最後までご覧いただきありがとうございました。

webライターの始め方を3ステップで解説【2週間で5千円稼ぎました】