【初心者が80%?】webライター飽和問題の真実を現役ライターが語ります。

副業
悩んでいる人
webライターって飽和していて、今から始めても稼げないって聞くけど実際どうなの?

この記事は、そんなことを知りたい方へ書いています。

どうも!副業webライターのシュンヤです。

おすすめの副業で調べると必ず挙がるwebライター。

読んで字のごとし、主に企業のwebメディア(コラム、広報、ブログなど)の文章を書く仕事で、在宅でできることもあり、今とっても人気な副業の一つですね。

今回はそんなwebライターでよく聞く噂について、実際にwebライター2ヶ月目にして月5万円を稼ぐことができた私が、統計などを交えて解説をしていきます。

webライターに興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

webライター飽和の真実とは

webライターは確かに増えている【3年で4倍?】

結論から言うと、webライターは確かに増えているのは事実です。

参考になる統計では、webライターに限った統計はありませんが、大手クラウドソーシング会社であるクラウドワークスの会員数の推移。

なんと、2015年から2018年にかけて利用者が50万人から200万人、4倍に伸びているとのことです。(クラウドワークス、会員数が200万人を突破)

webライターとして活動する人のほとんどがクラウドソーシングを利用することでしょうから、webライターの人数も同様に増加傾向にあると言えるでしょう。

これだけをみると、

やっぱりwebライターは飽和してるんじゃん。

と思う人もいるでしょうが、心配はいりません。次で解説していきます。

webライターの80%は初心者なので問題なし?

webライターは確かに増え続けていますが、そのほとんどは初心者なので問題ありません。

なぜなら、月間報酬5万円以下の初心者が全体の80%を占めていると推測できるからです。

実際、私は大手クラウドソーシングのランサーズを始めて2ヶ月目に月報酬5万円を達成し、報酬額上位20%の人しかなれない認定ランサーになることができました。ランサーズ公式(ランク基準について)

ネットを見ても、だいたい月に3〜6万円稼げると認定ランサーに上がれるという情報が多く見受けられますね。

普通に活動をしていれば月5万円程度、意外にあっさり達成できるwebライター。これらの情報から考えて、webライターのほとんどは初心者ということが分かりますね。

なので、中級者〜上級者にスキルアップして上位20%に入り込むことができれば、今から始めても十分に稼ぐことができます。

【その他の理由】 webライターは始める人も多ければ辞める人も多い

webライターが飽和していないと言える理由の2つ目、それは「始める人も多ければ辞める人も多い。」ということです。

ここ数年、市場規模が右肩上がりで成長を続けるwebライターの主な活動場所のクラウドソーシング。

主婦やサラリーマンなどがちょっとしたお小遣い稼ぎから始めることもできるなど、そのハードルの低さが魅力の一つですが、誰でも始められる反面、継続できる人も当然少なくなりますよね。

実際、私は副業用にSNSアカウントを所有していますが、同じ時期にwebライターを始めた同期は、半年たった今、ほとんど残っていません。
(最後の投稿が数ヶ月前、なんてことはよくある光景です・・・。)

これらから分かるとおり、webライターは入れ替わりの激しい業界なので、きちんと継続すること、スキルアップすることができれば、今から始めても遅いことはありません。

【脱初心者】webライターとして稼ぐにはスキルアップが必須

上記で説明したとおり、荒波のように激しく動くwebライター業界に飲み込まれないためには、ライターとしてのスキルアップが欠かせません。

ここでは、【脱初心者】のために、webライターに必須と言えるスキルを3つほど紹介していきます。

SEO

SEOとはSerchi Engine Optimizationの略で、一言でいうと狙ったキーワードで書いた記事を、GoogleなどのWebブラウザで検索上位表示させることを言います。

例えば、「webライター スキルアップ」というキーワードで記事を執筆し、誰かが同じキーワードで検索した時に、自分の記事を上位(Top10)に結果表示させるスキルのことです。

SEOスキルの身につけ方

SEOの基本的な知識は、書籍を1、2冊読めば身につけることができるでしょう。

というのも、SEOで最も大切なことは「読者の悩みに答える」こと。

奥は深いですが入口はシンプルなので、基本の部分は数冊の書籍で十分ですね。

とはいえ、実際に上位表示させられうかどうかはまた別の話。地味ですがトライ&エラーが一番の近道でしょう。

無料ブログでもいいのでまずは始めてみて、そこから改善を繰り返していくと、そのうち自分なりの方法が見つかるはずですよ。

ちなみにおすすめの書籍は以下の2冊。

日本のトップブロガーさんなど、文章で食べている人達が必ずと言っていいほどオススメしている本です。

この2冊を読めば、SEOを意識した文章が誰でもできるようになるので、まずはこの本から手にとってみてはいかがでしょうか。

セールスライティング

セールスライティングとは、消費者の購買欲求に刺さる文章術のこと。

わかりやすくいうと、記事の読者に商品やサービスを買いたいと思わせる文章術のことです。

SEOとセールスライティングのスキルを身につけることで、

記事を検索上位に表示させ、かつ、その記事から多くの読者が何かしらの行動に移る

という相乗効果が生まれますので、確実に身につけることをオススメするスキルですね。

セールスライティングの身につけ方

SEOと同じく、書籍で知識を身につけた後、ブログなどでトライ&エラーがベターでしょう。

オススメの本はコチラ。

あのメンタリストDaiGoさんがオススメしている本で、「10倍出しても読む価値がある本」と評するほどです。

分厚い本ですが、相手の琴線に触れる、心をわし掴みにする文章を書くためのメソッドを、たくさんの例を挙げつつ解説してくれる、かなり実践的な一冊です。

webマーケティング

webマーケティングとは、その商品の価値闇力をいろいろな形で消費者に届ける、一連の戦略のことを言います。

例えば、webライターに関するWebサイトを作るなら、誰に何をどうやって届けるのかといった分析から、サイトのデザインやSEO対策、SNSの運用などなど、全ての総合的な取組みを指します。

マーケティングスキルを身につけることで、企業のメディア運営をまるっと担当できるようになるなど、将来のキャリアにも大きく関わるスキルと言えますね。

webマーケティングスキルの身につけ方

こちらについても、やはり実践が大切になるので、1つのブログなどを自分で運用することが一番の練習になるでしょう。

ちなみに、オススメの本はコチラ。

1人の新人女性マーケッターが1人前になるまでのストーリー仕立てとなっています。

とっても読みやすく、かつ中身は非常に実践的なので初心者の方にまずオススメしたい1冊ですね。

また、マーケティングには検定などもあるので、目に見える実績が欲しい人には資格取得もオススメですね。

まとめ【今からwebライターを始めても稼げます】

いかがでしたでしょうか?
今回は、

・webライター飽和の真実
⇨確かに増えているけどほとんど初心者なので問題なし
・webライターとして稼ぐにはスキルアップが必須
⇨SEO、セールスライティング、webマーケティングがオススメ

について解説しました。

会社での終身雇用が約束されない昨今。私たち一般人に求められるのは「自分で稼ぐことができるスキル」ではないでしょうか?

webライティングは、今からでも稼ぐことができます。

また、世界から「言葉」がなくならない以上、仕事も無くなりません。

さらに、自分の言葉で人を動かせるようになれば、いつでもどこでも稼ぐことができるのです。

そんな魅力的なwebライターにもし興味がおありでしたら、以下の記事で始め方についても解説しているので、ぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

webライターの始め方を3ステップで解説【2週間で5千円稼ぎました】